大阪府受動喫煙防止対策推進協議会

大阪府内の店主・施設管理者の皆様へ 施設での喫煙可否表示喫煙環境ステッカー貼付のご協力をお願いします。(無料配布) ステッカーお申し込みはこちら

大阪府受動喫煙防止対策推進協議会について

ご挨拶

皆様方におかれましては、益々ご清栄のこととお慶び申し上げます。
2013年9月に、「大阪府受動喫煙防止対策推進協議会」(以下、協議会)を立ち上げ、お店や宿泊施設の良く見える場所に、「喫煙環境ステッカー」を掲出していただく取組みを行っております。
大阪には、毎年、国内外から沢山のお客様が来られます。大阪の街の魅力として、「観光関連施設」だけではなく、「食事の魅力」や「宿泊施設のサービス」を、高く評価していただく声も多く聞かれます。私たち協議会は、外食・各種サービス・観光業界のさらなる発展のため、お客様にご満足いただける高品質のサービスを提供すべく活動を始めた次第です。協議会を設立するに至った経緯や「喫煙環境ステッカー」の配布活動について、ご案内申し上げます。

協議会は、まだまだ微力な組織であります。設立趣旨に賛同いただける団体および事業者の皆様には、協議会への参加を心よりお待ちしております。

設立の経緯と趣旨

2013年3月、大阪府議会において、『大阪府受動喫煙の防止に関する条例(案)』が、取り下げられました。これで、大阪府の取組みは再出発することとなりましたが、受動喫煙防止対策の推進は、大変重要な課題であることは承知しており、大阪府飲食旅館生活衛生組合連合会(以下、生活衛生連合会)では、今後の取組みについて、検討を始めておりました。

生活衛生連合会では、民間事業者の自主的な取組みとして、店内の喫煙環境をお客様に事前にお知らせする「喫煙環境ステッカー」を作成し、府内組合員に配布し、普及に取組んでおりましたが、対策を進める中で、生活衛生連合会の組合員だけでは、府内への大きな広がりを期待することは厳しいことから、さらに多くの関係団体にも参画していただき、「喫煙環境ステッカー」を、大阪府内全域に、広めることが何よりも重要であると考え、協議会を設立する運びとなりました。

今後の取組み

喜ばしいことに2020年、東京がオリンピック開催都市に決定されました。これを契機として、東京都においても、大阪府においても、規制が一気に進展してしまうことを、我々は大変懸念しております。大阪府でも、東京都からの波及により、再上程される可能性が残ります。今後は、大阪府が再度、条例による規制を必要とする状況にならぬ様に、受動喫煙防止対策のひとつとして、先行して「喫煙環境ステッカー」の普及を進めておくことが重要と考えます。
お客様からも大阪府からも、業界の自主的な姿勢に対して、相当の評価をいただけますれば、誰の目から見てもその取組みを評価していただき、新たな条例制定に向けた動きに出る必要はないという社会の気運を作り出していけるのではないでしょうか。

店内の喫煙環境は、経営者自らが子供や妊婦の方々に配慮し、お客様のご要望に沿って判断すべきものです。再び民間施設に対する規制が持ち上がらない様に、会員の皆様には是非とも、緊急の課題として、理解していただき、「喫煙環境ステッカー」の店頭表示に、何卒、ご協力いただきます様、お願い申し上げます。

大阪府受動喫煙防止対策推進協議会

大阪府受動喫煙防止対策推進協議会 事務局